リンク集

※ここに掲載しているリンクは、すべて許可をいただいております。

アーティスト・ディレクター

合唱経験者なら、おそらく知らない人はいないと思われる、

作曲家の木下牧子先生のWEBサイト。

合唱曲だけでなく、歌曲・ピアノ曲・管弦楽曲他、

出版は100冊近くにもなるそうです。

嬉しいのは、曲についてのQ&Aがあり、木下先生自らが

詳しく解説を書いてくださっていること!

YouTubeチャンネルでは、多数の楽曲を視聴できます。

エレクトーン界の神様でありながら、

鍵盤ハーモニカの達人でもある、松田昌さんのオフィシャルサイト。

「鍵盤ハーモニカって、こんなにおもしろくてカッコいいんだ!!」

ということをマサさんに教わりました。

まずは、YouTubeで公開されている演奏をご覧ください。

ぶっとびますよ(^_^;)

AKB48ほか、多くのアーティストに楽曲を提供している

作編曲家・音楽プロデューサーの柴田晃一さんのブログ。

自らもキーボーディスト・ヴォーカルとしてステージに立つことも。

リンク先にある「株式会社 風」のページでは、PVを観ることができます。

「ゆげちゃん」こと、放浪の合唱作曲家、

弓削田健介さんのホームページ。

全国各地を旅しながら、たくさんの曲を作っています。

目の前の子どもたちを相手に曲を作るというところが、

ぼくとの共通点です。

YouTubeのチャンネルでは、その作品の数々を聴くことができます。

合唱団

「海はぼくらの生命」「一等星の夢」をレコーディングしてくれた、

千葉県八千代市の合唱団です。

世界を舞台に活躍している、

日本の少年少女合唱団を代表する合唱団。

素晴らしいサウンドに、魅了されます!

「地球のこどもたちへ」を上演してくれた、

茨城県那珂郡東海村の合唱団です。

ぼくも、ステージを観に行きました!

毎年、定期演奏会ではバンド演奏をバックに歌うステージがあり、

様々な演出で、観客を楽しませてくれます。

指導者・実践家

ハモリのマジシャン「かおるせんせ」のサイト。

とにかく、レッスンが楽しいぃ!そして、声がみるみる変わる!!

最強の合唱指導者です。

YouTubeには、本人出演の分かりやすい動画も

たくさんあります。合唱指導者は必見!

田川先生はもと小学校教師で、

赴任された学校全ての吹奏楽部を全国一位に導いた、

スーパー指導者です。

ぼくは、吹奏楽指導だけではなく、合唱指導もたくさん教えていただきました。

現在「スクールバンドサポーター」として、

全国各地を飛び回って活躍中。

山ちゃんこと、山田俊之先生の「ボディパーカッション」のページです。

「ボディー」じゃなくて、「ボディ」ですよ。

教育に携わる方は、ぜひボディパーカッションに取り組んでみてください!

ものすごい効果がありますよ。ぼくも、授業で実践しています。

「聴く」「つくる」活動を中心とした授業展開を研究する、

4人組の研究チーム「ヨイサの会」のホームページ。

彼らと出会って、『音』を『楽』しむ『音楽』の世界を知りました。

ワークショップを定期的に開催していますので、

ぜひ参加してみてください!目からウロコの連続です。

音楽関係

ぼくの曲が世に出るきっかけになった「教育音楽」をはじめ、

様々な書籍・楽譜・月刊誌などを出版しているところです。

合唱曲の試聴コーナーもありますよ!

無料で鑑賞できるコンサート・ホール。

たくさんのアーティストや団体の演奏を聴くことができます。

ぼくも作詞・作曲、歌やピアノ(笑)などで出てきます(^_^;)

ここの村長は、実在する人物だという話が…

「ジャスラック」という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、

音楽の著作権について正しく理解している人は少ないと思います。

…そういうぼくも、この「いんちきミュージックスタジオ」というサイトを

作って、音楽配信をするようになるまでは全然分かっていませんでした。

ぜひ、サイト内の「JASRAC PARK」を一度ご覧になってみてください。

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)が好きな、

あぐりさんが運営するブログ。

Nコンの課題曲・自由曲のレビューなど、情報満載!

ぼくの「一等星の夢」がNコンで歌われるようになったのは、

ここで話題にしていただいたおかげでもあります。

コンサートやセミナーの主宰をしている「おふぃす たんぽぽのゆめ」。

ぼくが、テノール歌手の新垣勉さんと出会うきっかけになったのが、

こちらが主宰する「中学2年生に贈る新垣勉おしゃべりコンサート」です。

新垣さんとの出会いは、ぼくの人生を大きく変えました。

阪神大震災で、1歳半で天国へ旅立った将(しょう)君。

将君のママが、その想いを綴るホームページです。

ぼくも、担任した子どもたちに、道徳の授業で

将君のことを伝えてきました。